時計の劣化と時計買取の裏ワザ

時計を買取ってもらったお金で海外旅行!?

時計買取:防水性能の時計は濡れたままにしない

時計買取を依頼した時に、思ったよりも買取価格が低くて落ちこむことがあるのではないでしょうか。時計買取には、その時計のブランド価値やプレミアによって買取価格が違うことがありますが、時計買取で大事なのは、キズや故障などの劣化や不良部分があるかないかが大きく関わってきます。時計買取の際に査定価格が低くならないためにも、使用している時計は大切に扱うようにしましょう。

時計は肌に直接触れるものなので、使用していれば皮脂汚れやホコリなどで汚れがついてしまいます。汚れをそのままにしておくと、金属部分が錆び付いたり、バンドの部分にシミがついてしまい取れなくなってしまうこともあります。使用している時には常に清潔にしておくことを心がけて、柔らかい布などで皮脂や水分を拭き取るようにするだけで、本体やバンド、パッキンなどの寿命も長くなります。

防水性能の時計の場合、水に強いから大丈夫だろうと手入れを怠ってしまうことがありますが、防水性能の時計だとしても、永久にその性能が持続するわけではありません。使用状況や手入れの仕方で時計の状態を悪くしてしまうことがありますので、しっかりとケアすることが大切です。

防水性能の時計でも汗や水分が付着した時には、濡れたままにしないことが大切です。防水性能の時計は、一般的にガラスパッキン、裏蓋パッキン、りゅうずパッキンなどで、内部への水の侵入を防いでいます。しかし、このパッキンやガラスの接着面は、水分によって劣化してしまうことがあるので、汗や水分は乾いた布で拭いておくようにしましょう。

また、入浴やサウナでは、蒸気や石鹸、温泉の成分によって金属が変色してしまったり、劣化の原因になることがあるので、金属の変色などは時計買取の時に査定価格を下げてしまいますから、防水性能の時計であっても外すようにしましょう。また、時計が濡れている時には、りゅうずやボタンを操作しないように注意して、時計の内部に水分が入らないようにしましょう。

時計買取を依頼する時には、電池交換や修理などを行い、保証書や明細書などを持って行くと、査定価格をアップさせることができます。修理に出せない時でも、汚れを拭きとるだけでも査定が変わってきますので、きれいに手入れしてから持って行くようにしましょう。ブランド時計の場合、外箱や保証書、説明書、ブレスレットの調整をしたときの余りゴマなどが揃っていると査定価格がさらに上がることがあるので、購入の際には大切にとっておくといいですね。

Copyright(C)2015 時計の劣化と時計買取の裏ワザ All Rights Reserved.